認定NPO法人キーパーソン21

私たちについて 応援いただく方からのメッセージ

社会で活躍する皆さまからいただいた応援メッセージをご紹介します。

  • 株式会社ユーグレナ 代表取締役社長

    出雲 充さん

    この世にくだらないものなんてありません。

    子どもたちには、たとえ小さなことでも自分で発見して、創造するアンテナを持ってほしいと思います。

    私も学生時代に気づいたある想いを原動力に、小さくとも人と地球を健康にする可能性を秘めたミドリムシ(学名:ユーグレナ)とともに頑張っています。

    子どもたちにも、ぜひ自分で一歩を踏み出す勇気を持ってほしいと思います。

    キーパーソン21の取り組みは日本のこどもたちの可能性を引き出す素晴らしい活動です。

  • オルタナ編集長

    森 摂さん

    サッカーのシュートも、宇宙へのロケットも、最初の微妙な角度が、その後の軌道に大きく 影響します。私たちの人生も同じです。明日、今までと少し違ったことができれば、5年後や10年後の自分を大きく変えることができます。明日、なにか違ったことをやってみませんか。

  • 三井物産ロジスティクス・パートナーズ株式会社 代表取締役社長

    川島 高之さん

    『“自分という人生”の社長になろう』、『人生のオーナーシップを持とう』と、私はNPO法人コヂカラ・ニッポンを通じて子ども達に、また経営している会社では若い社員達に言っています。キーパーソ21の活動はまさに、子ども達が『自分人生の社長となり人生オーナーシップを持つ』ためのものですね。一人でも多くの子どもが1%でも多く自尊心や自己肯定感を有することができるよう、これからも頑張ってください。心から応援しています。

  • アイエスエフネット グループ 代表

    渡邉 幸義さん

    最近の若者、子供は【草食系】といわれる事が多いですが私はそうは思いません。
    世の中の多様性や、いろいろな人がいるということを知らないだけではないでしょうか?
    キーパーソン21のプログラム、活動を通じて
    ・さまざまな未来があること、
    ・さまざまな大人がいること、
    ・さまざまな仕事があること
    知ってほしいと思います。
    子供の成長を支える活動をしているキーパーソン21をISFnetグループは応援しています。

  • 国家公務員(外交官)/外務省 在タイ日本国大使館 NPO法人アスデッサン共同代表

    福岡 功慶さん

    4年前、日本のキャリア教育はこのままではいけないと、先進的な取り組みを探していた時に出会ったのがキーパーソン21でした。キーパーソン21は生徒一人ひとりの生き方に向き合い、大人が寄り添って考えます。生徒が大人の多様な生き方と出会う機会を提供し、一人ひとりのわくわくエンジンを引き出す手伝いをしています。キーパーソン21は、一足飛びにはいかない教育問題において、問題の本質に力強く真正面から地道に取り組んでいます。こういう取り組みこそが日本のキャリア教育を変えていくのだと思います。そんなキーパーソン21を私は心から応援します。

  • 株式会社キャリア・マム 代表取締役 

    堤 香苗さん

    キーパーソン21の活動は、これから社会を担う子供たちにとっても、彼らを育む親たちにとっても、貴重な活動だと言えるでしょう。実際に様々な形で社会を支える大人たちの生の声は、「自分らしく生きる」を模索する若い力にとって、大変貴重なナビゲーションになると思います。 一番最初に、朝山さんがこの活動を立ち上げようとした時に、これでどうやって事業を回していくのかと思っていましたが、やはり社会に必要な活動であれば、色々な支えで成長していかれるのだな、と、納得しています。素敵な大人のロールモデルを作りたくて、「キャリア・マム」を立ち上げた私たちの活動とも補完的な関係で、働く母として子供たちの成長を願う者としても、様々なキャリアモデルを学ぶ機会を、実践的に提供しているキーパーソン21の活動は、これからも是非発展して継続して欲しいと思います。今後とも、公私に渡り、ご協力できれば嬉しいです。がんばれ!キーパーソン21!!

  • 文部科学省中央教育審議会委員,
    特定非営利活動法人スクール・アドバイス・ネットワーク理事長,
    一般社団法人キャリア教育コーディネーターネットワーク協議会代表理事

    生重 幸恵さん

    21世紀を輝きながら活躍できる子どもたちを育てるための学校環境、それはどうやったら生まれてくるのでしょうか。学校は、先生は、しっかりやっている。でも、なぜかうまく廻らなくなってしまっています。地域や社会の一員である私たち大人ができることはまだまだたくさんあります。 子どもたちを地域の大人たちが共に育てていかなくてはなりません。ぜひ、未来への希望を持って自立して生きていける子どもたちを育てるために、いっしょに進んでまいりましょう。
    キーパーソン21の活動をこれからも応援していきます。

  • 川崎市宮前区 子ども支援室室長

    青山 正彦さん

    行政サービスの特性が「画一・平均」である一方で、NPOのそれは「個別・多様」であり、人々の価値観の変化等に伴い、公共サービスに対するニーズも多様化する中、従来のように行政が全てに対応することは極めて困難となっています。NPOの「先駆・柔軟・機動・専門性」等の能力・特性を行政との協働で活かし、「行政」=「公」からNPO等が担う「新たな公」への変革が必要です。

    真の協働に向けて、共に頑張りましょう!

私たちの活動にご協力ください。

あなたに合った形でキーパーソン21の活動をご支援ください。
個人や法人として関わる方法だけでなく、活動へのご寄付も受け付けております。

詳しく見る

キーパーソン21の最新情報をチェックする

Facebook,Twitterをチェックする

  • Facebookページを見る
  • Twitterを見る