認定NPO法人キーパーソン21

私たちの活動 学習支援・居場所づくり

どんな子どもたちにも、自分らしい未来があると気づいてほしい。学習支援・居場所づくり

教育環境に恵まれない生活保護受給世帯の子どもたち、貧困家庭の子どもたちの
あきらめ感を払拭し、自分を活かして自立したいという気持ちを育むには、自分のやりたいことを考える力、
それを実現したいと思う意欲や目的意識を持たせる教育が必要です。
すべての子どもたちに教育環境を提供することは、貧困の連鎖を断ち切るセーフティネットなのだと思います。

行政とともに、地域の一員として、運営の方法はいろいろあります。
私たちは、キャリア教育の視点にバックアップされた
新しい形の「学習支援・居場所づくり」を運営していきたいと考えています。

川崎市委託事業

学習支援・居場所づくり事業「”わくわく”学習会」

安心して通える家庭的な雰囲気の中で、親でも先生でもない「地域の大人」がサポーターとなり、
学力の底上げだけではない、一人ひとりの子どもたちの未来づくりを支援しています。

「未来応援BOOK - わくわく」を制作しました

川崎市健康福祉局と協働で、生活保護受給世帯の子どもの自立を支援する「未来応援BOOK わくわく」を企画制作しました。子どもたちはもちろん、親や保護者、ケースワーカーなど、支える大人が子どもたちと一緒に活用できるキャリア教育冊子となりました。

川崎市のWEBサイトからPDF版を見る

キーパーソン21自主事業

”わくわく”学習室

自習を中心とする学習面のサポートのほか、「夢!自分!発見プログラム」の活用、自分の興味関心を
伸ばすための体験講座などから、一人ひとりの子どもたちの生きる力を育みます。

川崎市の貧困世帯の中学生を対象に、自主事業として実施している学習支援室「小杉“わくわく”学習室(通称:こすわく)」に対し、多くの皆さまからご寄付をいただいています。

▼ご寄付頂いた皆様

継続的な活動のために、みなさまからのご寄付をお願いします。

寄付をする

私たちの活動にご協力ください。

あなたに合った形でキーパーソン21の活動をご支援ください。
個人や法人として関わる方法だけでなく、活動へのご寄付も受け付けております。

詳しく見る

キーパーソン21の最新情報をチェックする

Facebook,Twitterをチェックする

  • Facebookページを見る
  • Twitterを見る